バス運転手が仕事中に気を付けたい態度について

  1. トップページ > 
  2. お役立ちコンテンツ > 
  3. スタッフブログ > 
  4. バス運転手が仕事中に気を付けたい態度について

お役立ちコンテンツ

バス運転手が仕事中に気を付けたい態度について

バス運転手が仕事中に気を付けたい態度について

「仕事中の態度が原因でお客様からクレームを受けたらどうしよう」と考えているバス運転手は少なくありません。SNSが普及しているので、ケースによっては炎上してしまうことも考えられます。心配している方のために、態度が悪いと思われるバス運転手の特徴と仕事中に気を付けたい態度を紹介します。気になる方は、確認しておきましょう。

「態度が悪いと思われるバス運転手の特徴」

不快と思われるバス運転手の態度は、お客様により異なります。同じ態度をとっていても、不快と思われることと不快と思われないことがあるのです。ただし、多くの方が不快と思う態度がないわけではありません。以下のような態度をとっているバス運転手は不快と思われる可能性が高いでしょう。

「挨拶ができない」
挨拶ができないバス運転手は態度が悪いと思われがちです。最低限のマナーすら身に着けていないと思われてしまうからです。多くの場合、人間関係は挨拶から始まります。挨拶すらできないと、お客様と良好な関係は築けません。

「お礼をいえない」
お客様に「ありがとうございました」などのお礼をいえないバス運転手も、態度が悪いと思われがちです。お客様から「乗せてやっていると思われているのでは?」などの誤解を受けやすくなるからです。バス運転手には、接客業という側面もあります。お客様に気持ちよく利用していただくため、感謝の気持ちを伝えることは重要です。

「敬語を使わない」
お客様によっては、敬語を使わないバス運転手に疑問を感じる方もいます。偉そうにしている、馴れ馴れしいなどの印象を与えるからです。敬語を使わないことで親しみやすさを演出できることはありますが、すべての方が親しみやすさを感じるわけではありません。基本的には、敬語を使うほうがよいでしょう。

「バス運転手がクレームを受けないように気を付けたい態度」

「上から目線」
バス運転手は、上から目線になることに注意が必要です。「挨拶をしない」、「お礼をいわない」、「敬語を使わない」は、いずれも上から目線ととらえられかねない態度です。バス運転手にそのつもりがなくても、上から目線ととらえられるとお客様は不快な気分になります。お客様に気持ちよく過ごしてもらうため、接客業の基本的なマナーを守るようにしましょう。

「乱暴な運転」
お客様が乱暴と思う運転にも注意が必要です。バス運転手が問題ない運転と思っていても、バス運転手が安全と思う基準とお客様が安全と思う基準は異なり、お客様が乱暴と思えばクレームにつながることがあります。バス運転手にとって問題がない運転ではなく、お客様にとって問題がない運転を心掛ける必要があります。

「威圧的な言動・行動」
威圧的な言動や行動も、バス運転手が気を付けたい態度として挙げられます。お客様である乗客に、恐怖感を与えるべきではありません。何かしらの原因で注意しなければならないときは、できるだけ理性的に話しかけましょう。「お客様の安全を守るため」などの一言を添えると、聞き入れてもらいやすくなるかもしれません。

「バス運転手は運転さえしておけばよいわけではない」

バス運転手の主な仕事は、お客様を目的地まで安全に運ぶことです。ただし、運転さえしておけばよいわけではありません。お客様に気持ちよく過ごしていただくことも重要な仕事です。バス運転手の態度が悪いと、お客様が気持ちよく過ごせないため、クレームにつながることがあります。基本的な接客マナーは押さえておくようにしましょう。お客さまが安心できる運転を心掛けることも重要です。気になる点がある方は、日々の勤務態度を見直してみてはいかがでしょうか。

求人情報はこちら
みつばコミュニティー コーポレートサイト

最近チェックした求人

0
最近見た求人はまだありません。
求人情報はこちら
働く運転手紹介
スタッフブログ
無料メルマガ登録はこちら

ドライバーの求人・転職情報ならプロの相談員にご連絡ください!

ご入職までの流れ

  1. 相談員に相談
  2. ご希望内容の確認・紹介先の確定
  3. ご紹介
  4. 面接
  5. ご入職

相談員に連絡する

求人情報への
お問い合わせ
ご相談は